收縮
logo
當前位置:首 頁 > 論文範文 > 查看文章

要 旨

中華民族の伝統は祝日に中華の伝統の文化の中の重要な構成部分と態度の形態として、千は百年以來連なり絶えないで、歴史の彌新だ。中國の伝統は祝日にとても多いことがあって、春節のように、元宵節、清明節、端午の節句の七夕祭りなどである。舊暦の五月五日は中國民間の伝統の祝日—-端午の節句であり、それは中華民族の伝統的な祝日である。今でも、端午の節句は非常に盛大で厳かな祝日の1つである。太陽暦の五月五日は日本でも端午の節句であり、日本の伝統的な祝日のひとつである。私達の一衣帯水の隣國の日本と持っていて多く我が國に源を発するとような伝統の祝日を許可する。端午の節句を持つことにとって、同様に日本でも端午の節句を過ぎす。しかし同様な端午の節句に異なった國家でも異なっている過ぎる法を持っている。それではそれとも日本の端午の節句に結局中國の南方と同じに北方と同か?

摘 要

中國和日本是一衣帶水的鄰邦,日本的節日文化大多受中國傳統節日的影響。但是由于國家之間的中不同發展狀況,中國的節日在傳到日本之後,往往發生了相應的變化。雖然新年是中國和日本都有重要的節日,但是兩國在習俗上卻有極大差異,為了了解二者差異背後的文化内涵。本文通過對中日兩國傳統新年文化的比較研究,深入了解中日文化的異同點,拓展對傳統新年文化内涵的認識。

關鍵詞: 端午節、起源、紀念活動

目 次

はじめに …………………………………………………………………1
1.端午の節句の由來 ………………………………………………………1
1.1中國の南方の端午の節句の由來 ……………………………………2
1.2 日本の端午の節句の由來 …………………………………………2
2. 端午の節句の祝賀活動…………………………………………………2
2.1中國の 端午の節句の祝賀活動 ……………………………………2
2.2 日本端午の節句の祝賀活動…………………………………………4
3.中國と日本の端午節の関係 ……………………………………………5
3.1 由來の関係 ………………………………………………………5
3.2 時間の関係 ……………………………………………………6
3.3祝賀活動の関係 …………………………………………………6
4. 中國と日本の端午節の違い …………………………………………9
4.1 目的の違い ……………………………………………………………9
4.2祝賀活動の違い ………………………………………………………9
4.3意義の違い …………………………………………………………9
おわりに  …………………………………………………………………10
參考文獻………………………………………………………………………11
謝辭……………………………………………………………………………12

はじめに
舊暦の五月五日は端午の節句であり、それは中華民族の古い伝統の祝日である。端午の節句は端五とも端陽とも呼ばれる。それ以外にも、端午の節句にはたくさんの別稱がある。例えば:午日節、重五節、五月節、浴蘭節、娘の節、天中節、地蝋、詩人の節、竜の日など、名稱は異なっているが、各地の人民は祝日を祝う習わしにはやはり相異が多い。中國人民に長く続けられてきた伝統の祝日なので、今では國家の法定の祝日と休日になっている。日本の伝統の祝日の中でも [端午]という祝日がある。ただ時期がちがい、太陽暦5月5日である。その上、呼び方も異なって、 「子供の日」といい、日本の「五節句」の一つである。
1、端午の節句の由來
1.1中國の端午の節句の由來
端午の節句端午(たんご)は節句の一つで、現在は5月5日である。五節句の一つであり、端午の節句とも呼ばれる。そもそもは舊暦5月5日に祝われたが、今日の日本ではグレゴリオ暦(新暦)の5月5日に行われ、舊暦や月遅れの6月5日に少ないながら一部地域では行なわれている。日本では端午の節句に男子の健やかな成長を祈願し各種の行事を行う風習があり、國民の祝日「こどもの日」になっている。尚、中國語圏では現在も舊暦5月5日に行うことが一般的である。菖蒲の節句ともいう。端午の意味 [編集]舊暦では午の月は5月にあたり(十二支を參照のこと)、この午の月の最初の午の日を節句として祝っていたものが、のちに5が重なるこの月の5日が端午の節句の日になったという。「端」は物のはし、つまり「始り」という意味で、元々「端午」は月の始めの午の日のことだった。後に、「午」は「五」に通じることから毎月5日となり、その中でも數字が重なる5月5日を「端午の節句」と呼ぶようになったともいう。同じように、奇數の月番号と日番号が重なる3月3日、7月7日、9月9日も節句になっている(節句の項目を參照のこと)風習とその由來江戸時代の節句の様子。左からこいのぼり、紋をあしらった幟(七寶と丁字)、锺馗を描いた旗、吹流し。『日本の禮儀と習慣のスケッチ』より、1867年出版五月人形の段飾り(昭和初期)兜の飾りものこの日を端午とする風習は、紀元前3世紀の中國、楚で始まったとされる。楚の國王の側近であった屈原は人望を集めた政治家であったが失腳し失意のうちに汨羅江に身を投げることとなる、それを知った楚の國民たちはちまきを川に投げ込み魚達が屈原の遺體を食べるのを制したのが始まりと言われている。しかし後漢末の応劭による『風俗通義』では端午と夏至にちまき(古代には角黍と稱した)を食べる習慣が記録されているが屈原との関系には一切言及されておらず、また南朝梁の宗?による『荊楚歳時記[1]』には荊楚地方では夏至にちまきを食べるという記録が殘されるのみであり、ちまきと屈原の故事は端午とは元來無関系であったと考えられる。この他に夏殷周代の暦法で夏至であったという說、呉越民族の竜トーテム崇拝に由來するという說、5月を「悪月」、5日を「悪日」とし、夏季の疾病予防に菖蒲を用いたという說も存在する。中國での端午の記録は晉の周処による『風土記』に記録される「仲夏端午 烹鹜角麥黍」である、また『荊楚歳時記』には「五月五日… 四民并蹋百草之戯 采艾以為人 懸門戸上 以禳毒気 …是日競渡采雑薬 以五彩絲系臂 名曰辟兵 令人不病瘟 又有條達等組織雑物以相贈遺 取鸲鹆教之語」と記録があり、端午當日は野に出て薬草を摘み、色鮮やかな絹糸を肩に巻き病を避け、邪気を払う作用があると考えられた蓬で作った人形を飾り、また菖蒲を門に書け邪気を追い払うと同時に竜船の競争などが行われていた。これは現代日本においても菖蒲や蓬を軒に吊るし、菖蒲湯(菖蒲の束を浮かべた風呂)に入る風習が殘っている。日本においては、男性が戸外に出払い、女性だけが家の中に閉じこもって、田植えの前に穢れを祓い身を清める儀式を行う五月忌み(さつきいみ)という風習があり、これが中國から伝わった端午と結び付けられた。すなわち、端午は元々女性の節句だった。宮中では菖蒲を髪飾りにした人々が武徳殿に集い天皇から薬玉(くすだま:薬草を丸く固めて飾りを付けたもの)を賜った。かつての貴族社會では薬玉を作りお互いに贈りあう習慣もあった。宮中の行事については奈良時代に既にその記述が見られる。鎌倉時代ごろから「菖蒲」が「尚武」と同じ読みであること、また菖蒲の葉が剣を形を連想させることなどから、端午は男の子の節句とされ、男の子の成長を祝い健康を祈るようになった。铠、兜、刀、武者人形や金太郎?武蔵坊弁慶を模した五月人形などを室内の飾り段に飾り、庭前にこいのぼりを立てるのが、典型的な祝い方である(ただし「こいのぼり」が一般に広まったのは江戸時代になってからで、関東の風習として一般的となったが京都を含む上方では當時は見られない風習であった)。铠兜には男子の身體を守るという意味合いが込められている。こいのぼりをたてる風習は中國の故事にちなんでおり、男子の立身出世を祈願している(こいのぼりの項)。典型的なこいのぼりは、5色の吹き流しと3匹(あるいはそれ以上の)こいのぼりからなる。吹き流しの5色は五行說に由來する。端午の日にはちまきや柏餅(かしわもち)を食べる風習もある。ちまきを食べるのは、中國戦國時代の楚の詩人屈原の命日である5月5日に彼を慕う人々が彼が身を投げた汨羅江(べきらこう)にちまきを投げ入れて供養したこと、また、屈原の亡骸を魚が食らわないよう魚のえさとしたものがちまきの由來とされる。柏餅を食べる風習は日本獨自のもので、柏は新芽が出るまで古い葉が落ちないことから「家系が絕えない」縁起物として広まっていった。中國語圏では、現在も屈原を助けるために船を出した故事にちなみ、龍船節として手漕舟(龍船あるいはドラゴンボート)の競漕が行われる。ヨモギ(蓬、中國語: 艾(アイ)または艾蒿(アイハオ))の束を魔よけとして戸口に飾る風習も、広く行なわれている。なお、男の赤ん坊をもつ家庭にとっては初節句となるため、親族総出で祝われることも多い。5月5日が祝日であり、さらに前後に祝日を伴う大型連休期間中にあるため、雛祭り以上に親族総出で祝われる。関連する最近の話題 [編集]2005年11月、大韓民國の「江陵端午祭、ローマ字転寫: Gangneung Danoje)」がユネスコによる「人類の口承及び無形遺産の傑作」への認定を宣言された(第3回傑作宣言)[2]。この事を受けて、端午祭の本家である中國のマスコミをはじめとする諸団體は「韓國起源の節句として無形文化遺産登録された」などと猛反発した。韓國の報道では、実際には「端午の起源が韓國である」との主張は傑作宣言にも一覧表にも存在せず、また『韓國は「江陵端午祭」を申請した際、「もともとは中國の行事。韓國に伝わって1500年以上が経過した」などと說明した。』[3]としている。さらに韓國の報道によると、傑作宣言の5ヶ月前に、中國國内から「湖北省で行われている自國の江陵端午祭を、韓國の江陵端午祭との共同で世界文化遺産に登録しよう」という聲が上がっていたが、韓國の學界から「中國の江陵端午祭は、韓國の江陵端午祭と名前だけは同じだが、完全に違うもの」と反発されていた経緯があるという。

1.2日本の端午の節句の由來
端午の節句の起原は、古代中國に遡る。古くから中國では、物忌みの月(5月)には厄払いの行事が盛んに行われていた。端午の「端」は文字通 り「はじめ/最初」の意味で、「午」は「うま」である。つまり端午とは、五月の最初の午の日に行われると言う意味である。最初は必ずしも五月五日ではなかったようである。午と五のゴロが同じであるから、その後、この行事は、やがて重五の日、つまり5月5日が大切な厄払いの日として定着する。日本でも奈良・平安時代には五節句(人日・上巳・端午・七夕・重陽)が取り入れられ、當時五節句は貴族の間では、それぞれ季節の節目の身のけがれを祓う大切な行事として、よもぎ・菖蒲などの薬草を摘みに野に出たり、その薬草を臣下に配ったり、悪鬼を退治する為に午から弓矢を射たりしたそうである(流鏑馬の原型)。その中の一つ「端午の節句」が後に「子供の日」となった。
2、端午の節句の祝賀活動
2.1中國の端午の節句の祝賀活動
2.1.1竜船を競う
「端午の節句」は中國の名稱ではある程度異なっているが、そのことは各地の人民の祝日を祝う習わしにもやはり相異があると全體的に言うことが出來る。
端午の節句には、中國人の二千數年來の伝統的習慣や、地域が広大なためや、民族が多いため、たくさんの伝説を加えられた。そのため民間に様々の異なる節句名を生んだだけではなく、それに應じ各地でもそれぞれそれに関連した習わしを生んでいる。その内容は主に:娘は実家に帰り、鍾馗の寫真を壁に掛かけて、鬼船を迎えて、正午を避け、書き付けの正午の葉符、ショウブ、よもきを掲げて、香の袋を身につけ、いけにえに甘酒を用意し、竜船を競い、武芸の試合をし、ボールを打ち、ぶらんこをこぎ、子供に鶏冠石を塗ったり、雄黃を入れた酒を飲む、ショウブの酒を飲む、5つの毒の餅、塩漬け卵、ちまきと季節の新鮮な果物などを食べるなど、色色な活動を盲信して多くは次等に消滅していったが、今なお中國各地に広く伝わって海外諸國にも殘っているものもある。一部の活動、例えば竜船レースは新しい発展をとげて、時間、地域の境界線を突破して、國際的なスポーツのレースが行われるようになった。
2.1.2端午は粽を食べる
端午の節句に粽を食べることは中國人民の伝統的習慣である。粽はまた「角のキビ」とか、「筒の粽」とかを昔から叫ばれ、種類は非常に多い。
記載によると、春秋の時期に、マコモの葉(マコモダケの葉)を使ってキビの粒をウシの角の形に包みこみ、これを「角のキビ」と言っている。1メートル位の竹筒に密封してあぶって火を通す。これを「筒の粽」と言っている。後漢の晩期、草木灰の水でキビの粒を液體に浸し、水の中で塩基をくわえ、マコモの葉を使ってキビの粒を四角形に包み、煮ると広東の塩基の水のちまきになる。

晉代になると、粽は正式に端午の節句の食品になる。その頃、もち米以外のちまきを包んで、また漢方薬の益智の仁を添加して、煮て火を通すちまきを「益智のちまき」と言っている。 時人の周処は『嶽陽の風土記 』に次のように記載している。「俗にマコモの葉でキビを巻いて、……煮て、5月5日から夏至に食べる。」また、南北朝の時期、様々な粽が現れる。米に禽獣の肉、クリ、赤いナツメ、アズキなどを混ぜて、食材が増える。粽はまた友人への贈り物として用られるようになる。

唐代に至り発展した、粽は米を使って、「白瑩の玉」と稱され、その形は円錐形、菱形が現れる。日本の文獻では「大唐の粽」と記載されている。宋の時代、「砂糖漬けの粽」がすでにあって、つまり粽は菓子類に入れられる。詩人の蘇東坡は「時于粽裡見楊梅」の詩句がある。宋代には粽を食べることがすでにファッション化したと説明する。元、明時期、粽の包みはすでにマコモの葉から小さな竹の葉になったと推測され、後にまたアシの葉を使って包む粽が現れて、原料をふんだんに使っていてすでにアズキあん、ブタ肉、マツノミ、ナツメ、クルミなどが使われたことに加えて、食材は更に多彩になった。今日に至るまで、中國人民が端午の節句にこれらの粽を食べる習慣は一貫して維持されている。

……………………………………………………….

……………………………………………………………………………………………..

由于篇幅所限,此處不能完全刊載論文全部内容,如需完整論文内容,請到本站下載頻道去下載全篇論文的完整word文檔!

 日語論文免費下載>>>

這家夥很懶,什麼都沒寫!

—— 日語論文

admin
你可能也喜歡Related Posts
衆說紛纭Comments
大眼 可愛 大笑 壞笑 害羞 發怒 折磨 快哭了 大哭 白眼 暈 流汗 困 腼腆 驚訝 憨笑 色 得意 骷髅 囧 睡覺 眨眼 親親 疑問 閉嘴 難過 淡定 抗議 鄙視 豬頭
小提示:直接粘貼圖片到輸入框試試
努力發送中...
  • 評論最多
  • 最新評論
  • 随機文章
footer logo
未經許可請勿自行使用、轉載、修改、複制、發行、出售、發表或以其它方式利用本網站之内容
Copyright © Kaoku Studio All Rights Reserved. 版權所有:日語論文網
  • 備案号:京ICP備10000918号